遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

GWその4 早期リタイアのメリットとデメリット

前の記事で、リタイア後の生活を一通り思い描いてみました。

さてここで、リタイアのメリットとデメリットをまとめて挙げてみます。


◆よいこと:メリット

・毎朝決まった時間に起きなくてすむ。

・雨や雪など悪天候の日に外に出なくてすむ。

・好きなこと(勉強含む)をする時間と精神的・肉体的エネルギーが増える。

・世の中のためになる(と自分が思う)ことをする時間が増える。

・会社の求める能力がないことの引け目を感じなくてすむ。


◆わるいこと:デメリット

・社会的な身分が下がる。

 ・クレジットカードが作りにくい。

 ・新しい賃貸契約がしにくい。

・人的ネットワークがなくなる(自分から作らなくてはいけない)。

・安定収入を失う。

・再就職はランクを下げないと(あるいは下げても)絶望的。



それではここで、反論もしてみましょう。

【反論タイム】

◆よいこと:メリット
・毎朝決まった時間に起きなくてすむ。

 →健康のためには、ある程度、決まった時間に寝起きするほうが良い。
・雨や雪など悪天候の日に外に出なくてすむ。

 →買い物や付き合いや諸手続きのために、悪天候の日も外に出ることはありえる。
・好きなこと(勉強含む)をする時間と精神的・肉体的エネルギーが増える。

 →異議なし。
・世の中のためになる(と自分が思う)ことをする時間が増える。
 →小人閑居して不善をなすということもありえる。無能な働き者は却って迷惑という話もある。

・会社の求める能力がないことの引け目を感じなくてすむ。
 →社会の片隅にでも置いてもらう以上、求められる能力はあるので、やっぱり引け目は感じるかもしれない。今度は会社に対してではなく、社会に対して。


◆わるいこと:デメリット
・社会的な身分が下がる。
 →キニシナイ。

 ・クレジットカードが作りにくい。

  →今作ってあるもので十分。
 ・新しい賃貸契約がしにくい。

  →必要に迫られればURなどの手もある。
・人的ネットワークがなくなる(自分から作らなくてはいけない)。
 →煩わしい人間関係、望まない人間関係は最低限ですむ。

・安定収入を失う。

 →どっちにせよ退職したら同じこと。早いか遅いかの違い。

・再就職はランクを下げないと(あるいは下げても)絶望的。

 →異議なし。


すなわち、

メリット:好きなこと(勉強含む)をする時間と精神的・肉体的エネルギーが増える。

デメリット:再就職はランクを下げないと(あるいは下げても)絶望的。

ということになるのかな(?)


だとしたら、上記のデメリットは「再就職しないですむだけの資産を作る(※)」ことで解消可能。

ということで、やっぱり「リタイアしてよい」というか「したほうがよい」という結論に、ひとまずは至りました。

・・・まあ、結論ありき、なのかもしれませんが。



※「どれだけ長生きするか」「いくらで生活するか」によるが、ひとまず健康年齢を目標とし、生活レベルはほぼ落とさない(落とせない)ものと想定。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。