遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

GW本編の終了を前にして ~「リタイア生活」体験の結果~

気づけば、明日はもう出社日。


4/29←寝てた

30←寝てた

1←掃除した

2←ブログ書いた

3←遊んだ

4←遊んだ

5←ブログ書いた


と、7日間がもう過ぎてしまいました。

明日一日出ればまた2日休みではあるものの、それは「おまけ」のようなもので、ゴールデンウィーク「本編」は終わってしまった感が強いです。


ともかく、あっという間に時間が過ぎていきます。

それなりに時間を意識して過したつもりの7日間でも、終わってしまえば、からっぽにも見えます。

リタイアしてもこんな感じなのかなあ。

というか、人生そのものがこんな感じなのかな。


ただ、ゴールデンウィーク前から書き始めたこのブログを最初から読み返してみて、一つわかったことがあります。

やっぱり出社している日の文には、余裕がない。たたきつけるような、なまのことば、という感じがする(それはそれで面白いのかもしれないが)。

休みに入って少ししてから、ようやく、余裕の感じられる文章になってくる。

当たり前のことだけど、時間の余裕と気持ちの余裕は、やっぱりリンクするんだということを実感します。

それと何か(掃除でもなんでも)する前には、「のりしろ」が必要なんだなということも。


それからもう一つ。

たったの7日間ではあるけれど、自由に過していい時間を与えられて、退屈したかどうか?について。

実のところ、まったく退屈しませんでした。

まだまだ寝たいし、動画を見たいし、ネットサーフしたいし、ゲームしたい。書きたいことだってたくさんあります。

リタイアして毎日がゴールデンウィークになっても、おそらく退屈はしないでしょう。

(ま、本当のところは、やってみなければわからないんだけどね。)


とりあえず明日はちゃんと出社して、自分がどんな風に感じるか、観察してみようと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。