遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

職場で独り言を言う人は、人の時間を余計に奪っていることに気付くべき

期が変わり、多少の組織変更がありました。
座席もちょっとだけ変わり、新しく隣の席になった人が、独り言を言うのです。


「あ、○○が動かない」


パソコンがうまく動かないらしいです。


「××の設定がダメなのかな。」


こっち向いてないし、呼びかけても来ないし、何より厄介なメールが2、3個立て続けに来ていたので特に返事せず。


でも気にはなります。
周りの席は空きが多くて、その人と直接、席が接しているのは私くらいなので。


「動かないなあ~。何が悪いんだろう」
「マニュアルの通りにしてるのになあ」


しきりに独り言を言っている。
とても気になる。
気が散る。←ちょっとイラつき始める


しかし今は、このメールをやっつけなければ…


「○○は△△でいいのかな?」
↑正面向いたまま独り言。


「…それ、私に言ってます?」
↑曖昧なままより片を付けたほうが、メール処理に集中できると切り替えた私、声をかける。


「うん」


それならちゃんとこっちむいて名前呼んでそう言え。


会社では借りてきた猫状態の私。
そうはっきりとは言えず、画面をちらっと覗いて多少つっけんどんに返す。


「○○は◇◇ですね」


「そうなのかあ~」


「ありがとう」でも「わかった、やってみる」でもなく、正面向いたままそう呟いて、またカチャカチャとキーボをたたく。


…これでお役御免ですかね?


再びメールに集中しようとする。


「あれ、エラーになるなあ」
「何が悪いんだろ」
「マニュアルに書いてあるボタンがないんだけど」


「…何ですか?」
再びメールを放り出して、相手の画面をのぞき込む。


「ああ、これはこっちのボタンをクリックして◆◆を選んでOKボタンですね。
そのマニュアルちょっと古いんじゃないですか」


「なるほどね~、困るよねこういうの。
…あ、うまくいった」
↑正面向いたまま。


会話にきちんと区切りをつけないあなたのほうが困る。


借りてきた猫は再び心の中でだけつぶやいて、自分の仕事に戻るのでした。



別に感謝の言葉がほしいわけじゃない。(言ってくれれば嬉しいけど。)


でも、どこからどこまでが答える必要のない独り言で、
どこから私に話しかけていて、
どこで私への用が終わったのか

それははっきりさせてくれませんか。


じゃないと、独り言がつぶやかれるたびに、「私に言ったのかな?」「これで終わりなのかな?」と様子をうかがっていないといけなくなる。


つまり人の時間を(本当に必要な時間より多く)余計に奪っていることになるんですよ。


私はあなたの秘書でもあなたのお母さんでもないので、いつでもあなたに注意を払っていたいわけではないんです。


…っていうのを、マイルドに伝えるには、どうしたらいいんでしょうね。



とりあえずしばらくの間、呼びかけのないつぶやきはオール無視して、いかにもそれらしく問いかけてきたら、「それ、私に言ってます?(#゚Д゚)アァン?!」と威嚇してみようと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。