遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

生きるための仕事からはリタイアする。でも遊びながらの仕事はしたい。矛盾してないよね?

逃げの早期リタイアから、攻めの早期リタイアへ、気持ちが変わってきたことを前に書きました。


早期リタイア後の時間をどう使うか。遊んで過ごすのも、それはそれでいいけれど


そして「好きなことだけして暮らす」を実践していきたい。
そうする中で、遊んでいるのか働いているのか分からないくらい、楽しく働きたい。

今はそう思っています。


働きたい、と思う理由は、主に次の2点からです。


(1)自分の個性、能力を発揮して何事かを成すことは幸せだから。なおかつそれで人が喜んでくれたら、もっと幸せだから。
(2)少子高齢化の進む中、日本のインフラや社会制度を使わせてもらうだけでなく、それを保ち、より良くするために、経済活動への参加や、納税を通して貢献したいから。


(1)がまず主で、(2)は副次的にそうできたらいいな、と思っていることです。


早期リタイアをめざすブログで、働きたい、と書くのは何か矛盾しているようなんですが、素直に感じていることを書くと、こうなんです。


「早期リタイアして、いっさい何もしない」というのは、自分という人的資源を有効活用しないことであって、それはもったいないかもしれないと。


人的資源というほどの価値が自分にあるのかと問われると、ひとさまに胸を張って「ある」と言えるほどの自信は、今はありません。
有効活用しようとしても、結局は「使えないやつ」かもしれません。
でも、やるだけやってみようかなと。


ただ、「生きるためのお金を稼ぐために働く」ということは、もうしたくない。
だから今の仕事はやめます。
これが私にとっての「早期リタイア」ということです。


生きるための仕事からは、自由になりたい。
だから、早期リタイアする。
でも、まったく何もしたくないわけではない。
「遊ぶこと=働くこと」になる働き方で、働きたい。


これが今、思っていることです。


遊びは文化よりも古い


著書『中世の秋』で知られるオランダの歴史家、ヨハン・ホイジンガが、人間と遊びの関係を論考した著書『ホモ・ルーデンス』の冒頭は、この言葉で始まる。「ホモ・ルーデンス」とは、ラテン語で「遊ぶ人」を意味する。

 ホイジンガは、人間活動の本質は「遊ぶこと」にあると説く。

 人間の文化は最初に「遊び」として発生し、長い間に進化したのだと。

遊びは文化よりも古い – コンパス・ポイント & ジャパニスト | 本質を伝える広告・出版会社


遊ぶことによって、何か新しいものが生み出されてくると思うんです。
遊ぶことによってしか、生まれてこないものもある。
真面目も大事だけど、真面目なだけじゃあ、つまらないし、たぶん停滞する。


「おもしろい」こと、「楽しい」ことには、何か不思議な力がある。
心を浮き立たせ、ワクワクさせて、困難にも構わず立ち向かっていく強さを生む力がある。


先の見えない今の時代、そういう力が、実は一番必要とされてるんじゃないかなあと、ひそかに思っているのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。