遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

「誰かのために」自分の自然な気持ちを無視して行動してはいけない、と改めて思った。

疲れた~。
ここ数日、本当に久しぶりにエンジン全開で仕事をしているので、本当に疲れます。
逆に言えばこれまでいかに仕事をしていなかったかという…


まあそれは置いておいて。



昨日は悲しい出来事がありました。
人間関係でのトラブル…までいかないか、ちょっとした事故。そういう感じ。


けっこう前から、ある人から頼まれて、ある人の面倒を見ていました。
まあ大した内容ではなくて、ちょっと教えてあげるとかちょっとしたサポートとかなんだけれども、それなりに時間を使ってやっていたわけです。


最近、少しばかり大きな仕事が舞い込んできて、それを私がサポートしてる人、Aさんとしますが、Aさんがやることになった。
何事にも謙虚というか自信がないAさんは、やれるかどうか不安だという。


能力的には問題ないし、似たような仕事を一度クリアしているので、今度も大丈夫、と一生懸命励ましつつ、ちょっと足りてないところなんかを教えていました。


仕事で疲れた某日も、早く休みたいなあと思いつつ、面倒見るよう頼まれてるし私がやんなきゃな、って思って、ほぼ手取り足取りで付き合っていました。


そして昨日。
Aさんから、その仕事を「自信がないから他の人がやるようにしてほしい」と言われたと、まとめ役から聞かされました。


もうがっくりです。
私の時間は、睡眠時間を削って手取り足取りつきあったあの労働(あえて労働)は、なんだったのか。



Aさんが悪いのではない。
私も、自信がないことを無理にやらされる苦痛はよくわかっています。
がんばればできるし、と思う一方で、無理させてるなと、心苦しく思う面はありました。
でも、Aさんの面倒みてね、仕事できるようにサポートしてね、と頼まれたからやっていた。


何が悪かったかと言えば、
「頼まれたから」と、
自分の自然な気持ちに反することを、無理してやっていたのがいちばん悪かった。


その結果として、かなりの時間を無駄に失い、徒労感を手に入れてしまった。
人生も折り返し地点を過ぎて、無駄にできる時間は本当にもう、ないのに。



私は頼まれると断れないたちだったけれど、
もうほんとにやめよう、としみじみ思いました。
自分の時間を、本気で大事にしよう、と。


その結果、誰かを悲しませたとしても、
少なくとも私は、私の時間を、私を大切にできる。
おそらく今回のように、私とAさんの両方が不幸になるようなことは、防げる。



好きなように生きる、というのはつくづく難しい。
何故かと言えばそれによって、誰かを失望させたり、怒らせたり、嫌われたりするから。
人に迷惑もかけてしまうから。


それでも、やっぱり、自分の気持ちを無視して行動してはいけないんですよね。
誰よりもまず自分自身が、誰かを恨んだり、嫌ったりしないために。
そして自己嫌悪に陥ったり、虚しさにさいなまれたりしないように。


だいじな言葉、「NO」を言えるようになること。


わたしの兄弟たちよ、何のために精神の獅子が必要になるのか。なぜ重荷を担う、諦念と畏敬の念に満ちた駱駝では不十分なのか。


新しい諸価値を創造すること―それはまだ獅子にもできない。しかし新しい創造を目指して自由をわがものにすること―これは獅子の力でなければできないのだ。


自由をわがものとし、義務に対してさえ聖なる「否」をいうこと、わたしの兄弟たちよ、そのためには、獅子が必要なのだ。

精神の三段階


いかなる義務に対してさえも、聖なるNOを言うことができるように。
自分の時間を、自分でちゃんと守れるように。


強くなっていきたいな、と思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。