遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

なな、なんですか、この円安。

今の時点で106.8とか。
昨日の夕方、101円とかなってませんでしたっけ?
こんなに動きが激しくて大丈夫なんですかね。


びっくりして、リスク資産をチェックしちゃいました(普段は忘れるようにしてるんですけど)。
ちょっと増えてた(∩´∀`)∩


でも円安になるような原因ありましたかね。
日本株が上がったから円安になった?


ダウも上がってるみたいですね。
あれ、アメリカは通貨高=株高なんでしょうか?


あれ?でもトランプさんはドル安政策を唱えてましたよね?


ううーーーむ。


わからん…。
いまなぜ円安になっているのか、今後どうなっていくのか。


トランプ氏の勝利で円安になった理由 : 経済ニュースゼミ

ということで、インフレ予想が高まり、そのことによって長期金利が上がり、そして、日米の内外金利差が拡大したことによってドル高円安に振れているという訳なのです。

トランプさんの政策でインフレが期待されるから、ということみたいですね。


ただやっぱり、彼は基本的にドル安政策論者ですし、他の政策からもその傾向が見て取れるみたい。
こちらに、結構詳しく書いてありました。


トランプ大統領誕生!今後の為替見通しは円安?円高?どっちか? | 日経平均インデックス投資ブログ



一つ確かなことは、トランプ大統領が誕生する2017年1月20日以降は、ドル安要因が非常に強くなるだろうということ。


それまでに、ドル資産を少し減らしておいたほうが良いのかも知れません。



でも、個人的には、長期的に見れば円安になるんじゃないかなという気はしてるんですよね。
来年1月までは軽い円安が続いて、そのあと100円を割るくらいの円高が4~8年(トランプさんの任期中)は続く可能性があって、その先、10年20年あとには、また120円くらいの時期も来るんじゃないかなーとか…。



まあ、そんな先のことは分からないですね。
年内をめどに、ドル資産の一部を円に戻すことを考えておきたいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。