遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

そのゴールのないマラソン、私は、降りたいと思います。

あかんかった・・・


早期リタイアについて家族と話す機会を得ました。

先の記事で投稿した内容を交えながら、本音トークをしたんだけれど。

どう言っても、何を話しても、納得してはもらえませんでした。



でも、収穫もありました。


「それじゃ逆に、老後のためにいくら貯めたらいいと思ってるの?」と聞いたら、いくらあっても十分ではないと。まあ1億あれば?でもそれでも安心ではないと。

できる限り働き続けたいと言ったのです。


それはゴールのないマラソンを続けるということ。

マラソン自体がそれなりに楽しければいいだろうけど、マラソン自体が苦痛な私としては、「ずっと走り続けるほうが良い」と言われても頷くことはできない。

この点で、家族と私は決定的に意見が違っていたのでした。



それからもう一つ。

話を聞いてみたら家族自身が、会社が潰れるかもしれない、あるいは会社を辞めさせられるかもしれない、ということを強く心配しているのがわかりました。

私と違って守るべき相手がいる人ですし、その不安を私の上に投影して、余計に否定的になっているのかもしれません。



ただ、応援してもらえないからといって諦めたりすることはありません。

それは、選択を他人に委ねる、つまり責任を他人に押し付けることだし、したくない。


私が早期リタイアを選択するのは、私の自由であり権利。

そして私の早期リタイアに反対することも、家族の自由であり権利ですものね。


これだけ価値観が違うと、ずっと平行線なのかもしれないけれど、

これからも話をしていきたいと思います。



早期リタイアについての会話が物別れに終わった一方、日本の未来がとてもとても暗いということについては、意見が合いました。


みんな先が見えない苦しさの中で、自分なりに最善と思う道を探しているんですよね。

それぞれの道の先に、希望がありますように。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。