遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

株と外貨と投信と、えーといろいろ買ってみました。

ここ数日、バタバタと株や投信や外貨を買ったりしていましたが、そろそろ落ち着きそうです。


サミットの情報や、消費税増税延期の発表、しかもその後、具体的な財政に関する政策が示されないという状況にあって、ちょっと焦っちゃったんですよね。

円、大丈夫なの?って。


まあ、今のところ、円はそ知らぬふりで108円あたりをうろうろしていますけれども・・・。

でも、いつ何が起こるかわからないので、怖いです。

用心するに越したことはありません。


今のところ1/3程度を外貨・外国株・投資信託・ETFに回しています。

あとはスポット的に買い足していって、1/2程度まで割合を上げるつもりです。



それにしても・・・

全財産の半分をリスク資産にとか、ホントは、したくなかったです。

ホントは株とかには縁のない一生を送りたかった。
だって、怖いですからね。


できることなら、普通預金一本で生きていきたかった。

私はスキーで滑るときも、事がおきたらすぐに止まれるようにノロノロとしか進まない人間です。

自転車も同じ、すぐ止まれるスピードしか出しません。


自動車?とんでもない、いざというときに自力で止められないような怖いもの、とても運転できませんとも!


とにかく安全第一で生きてきたこの人生。

お金の持ち方についても同様です。

いつでも出せる普通預金万歳、定期預金も少しならいいかもね。

保険は必要最低限でいいや、債券?減らないなら手を出してもいいかも・・・。


でも、株式なんてもってのほか。

こちらが何もしていないのに勝手に減るような不義理なやつに、とても大切なお金は換えられません。(勝手に増える分には何も言いません←)



・・・だったのですが。


安倍さんと黒田さんがインフレ目標2%とか言って、金融緩和とかしだして、よくわからないながらに調べてみれば、インフレによって、何もしなくても現金、預貯金の価値が減っていくというではありませんか。


裏切られた。


気持ちとしては、そんな感じです。

勝手に私のお金を減らさないでくれと言いたい所ですが、日本の経済復活のためとあらば仕方がないのでしょう。

そういうことであれば、インフレにも耐えうる資産、日本の経済危機にも立ち向かえる資産の持ち方に変えるより仕方ありません。


そんなわけで、半ば強制的に始まってしまった私の株式投資生活。

経緯が経緯なので、投資の方針は、大変保守的なものとなっています。


勝たなくていい。負けなければそれでいい(でも増えたら嬉しいな)

要は(そんなに)減らなければいいのです。

これが株に投資素する第一の目的だったりします。



ちょっと話はずれますが、数字に弱い私は投資のやり方や投資先を考えるだけでもう頭がオーバーヒートしてしまい、いっそどこかの投資顧問に丸投げできないものかと、ネットで投資顧問を探してみたりしたのです。


そしたらまあ、出てくる情報が「○万円を一億円にした男」「必ず儲かる必勝法」「買うべき銘柄を一日ごとに徹底紹介!」みたいなのばっかり。

別に増えなくていいんだ、減らなければいいんだ、だからそんないかにも詐欺っぽい歌い文句で釣ろうとするのはやめてくれ、ますます投資がアヤシイモノに思えてしまう・・・!


日本人が株に投資をしたがらない原因の一つは、この射幸心を煽るようなギャンブル的な取り扱いにもあるんじゃないですかね・・・割とマジで。



まあ、それはともかく。

「減らさない」ことを第一目標として考えた、自分なりの投資方針は、次のようなものになりました。


投資の方針その1:長期投資に向くこと

買ったら基本的に売らないつもりでいます。(バランスを調整するときは別ですが)

なので、まず、つぶれそうにないこと。自分も知っている有名企業であること。

ぶっちゃけ潰れそうかどうかの区別なんて私にはつかないんですが、

まあひとまず、安定企業とされているようなところが候補になります。


投資の方針その2:投資したいジャンルであること

つぎに、応援したい、成長してほしい、すると思うジャンルであること。

インターネット関係、IT関係はこれからまだまだ伸びそう、ヘルスケアも需要は高そう。など、育って欲しいと思うジャンルのものが対象になります。


投資の方針その3:配当がそれなりにあること

「減らさない」見地からは、景気動向がどうなっても大丈夫なように、少しでもリターンがあったほうがありがたい。でも方針1から、大企業中心になるので、今後の大幅な成長はそれほど望めません。なので代わりに、それなりに配当を出してくれるところを候補としてみました。



そんな感じで買ってみたのが、日本株ではトヨタ、キヤノン、NTTドコモなど。

米国株ではAT&T、P&G、インテルなど。

「寄らば大樹の陰」志向がはっきりみえますね(笑)


さてさて、どうなることやら。

気分はまな板の上の鯉です。

基本的に買ったら買いっぱなしなので、多少の値の上げ下げは見てもしょうがないのですが、それでも上がってたら嬉しいし、下がってたら落ち込むしで、妙なものですね。



とりあえず下げ相場のときには、島本和彦先生のアツい言葉を思い出して心を強く保ってゆきたいと思います。

迷ったと思うから迷うんだ

「旅の途中です!」と言い張っていれば迷ったことにはならない。

(「炎の宅配便 魂に残る言霊」より)


下がったと思うから下がったことになるんだ、

「損益は確定していません!」と言い張っていれば下がったことにはならない。


いつかは確定しなきゃだめですけどねー




・・・って、米ドル106円ですかーーwww(6/4 1:00)

やばい私、逆神かもしれない。


こりゃ、日本の財政破綻はないな、うん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。