遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

小さな一歩、小さな前進?

また円高が進みましたね。


日本円強いなー^^
もうボーナス分くらい含み損になってるちゅうねん^^
なにしてくれてんねんほんまにもう^^


いやー、含み損が増えていく恐怖にもだいぶ慣れてきましたけど。
(って書くとまた一段と円高になる気がする…)
それでもまだ日本円のほうが資産に占める割合は高いので、ドル換算では増えているのだ!とかやせ我慢してみたりして。


まあ、日本で暮らし、支払いを円でする以上、ドル換算で増えても意味はないんですけどね。
…このまま円高がどんどん進むなら、海外で暮らしたほうが良くなったりしてー☆ミ


ここ数日のできごと。

月曜日から今日までの間に、早期リタイアについて、ちょこっと進展がありました。


まず月曜日。
総務に、早期退職制度について聞きました。
概要は教えてくれたのですが、利用にあたっての具体的なことについては上司を通じて問い合わせてね、とのこと。


どちらにせよ言うつもりだったので、直属の上司に、早期退職制度を利用したいこと、そしてまだまだ迷っていることを伝えました。


この上司には、前々から、定年までいるつもりはない、ということは話していたので、それほど驚かずに聞いてくれました。そして、こちらから頼めば総務に問い合わせることも了承してくれました。
退職してどうするかについては、前から考えておいた仕事の名前を挙げて、自宅で自分のペースでできる、自分の能力を活かした仕事につきたいと伝えたところ、納得してもらえた模様。


そして火曜日。
念のため、かかりつけのメンタルクリニックを受診。
今の自分の精神状態は、「重大なことを決定してもよい状態か」を確認しました。(躁鬱状態の時は、重大な決断をすべきではないと聞いていたので)


答えは、まだ軽い鬱状態なので、もう少し待ったほうが良い、とのこと。
特にいま、薬を変えたことで少しずつ調子が良くなってきているところなので、このまま続けてもう少し状態が良くなってから、決断してもよいのでは、と言われました。


それを踏まえて、上司の上司に、早期退職制度の利用について相談。
少し驚かれましたが、体調面で不安があるということについては理解してもらえました。
また仕事については、会社の期待に応えられていないのが心苦しいという私の気持ちについて、「そんなことはない、よくやってくれていると思っている」、と言ってもらえたのは、社交辞令だったとしてもうれしかったですね。


早期退職制度の利用については、会社側の思惑もあるので、私のケースで利用できるのかどうかを総務に確認してくれるとのこと。
そして、メンタルクリニックの受診結果や、まだ迷いがあることも踏まえて、夏休み明けくらいにまた相談しようということになりました。


その結果を、直属の上司にメールで共有して火曜日は終了。
今日は特に何事もなく、今に至ります。


言っちゃったー。

今は、「ああ、言っちゃったー」という感じです。
もちろん、何か決定的なことがあったわけではないので、状況としては今まで通りです。
ただ、「言っちゃった」なと。


後悔とかではありません。
上司や、上司の上司に手間をかけさせてしまうなー、ただでさえ忙しいのに負担になって申し訳ないな、とは思います。
ただ、「辞めたい」と話せたことは、「よかった」と感じています。


肯定的に受け止めてもらえた安心感。
負担を増やしてしまうことの申し訳なさ。
ついに言えたというさっぱり・スッキリした感じ。
これからが大変だという緊張感。


いろいろと相まって、なんだか今はぼんやりとしています。



でも人に話したことによって、気持ちのほうも少しはっきりしてきました。


早期退職制度が利用できるなら利用して、仕事の切りの良いところで辞める。
早期退職制度が利用できないなら、もう少しこのまま勤めて、資金をためてから辞める。


…と、今はそんな風に考えています。



メンタルクリニックの受診結果については、なるほどと思う一方で、「軽い鬱だからもう少し調子が良くなってから」というのには、少し疑問を感じています。
もし私のぼさぼさの髪や、二種類くらいしかない服装のバリエーションを見てそう診断しているのなら、それはもともとそうなのであって、治るとかいうものではないのでは?ということ。
(あ、バリエーションが少ないのはパタリロみたいに同じような服を複数持っているということであって、着た切りスズメというわけではないです!念のため!)


もしこれが軽鬱なら、私は生まれてこのかたほぼずっと軽鬱ということに…そりゃ年頃の時には多少おしゃれもしないことはなかったけど…いやまさかね!


ともあれこれについては、お薬の効果は少なからず実感しているところなので、引き続き服用して様子をみたいと思っています。



でもあれですね。
他人と話すと、何かが変わりますね(当たり前だけど)。


自問自答だと、同じところをぐるぐるまわって前に進まない感じ。
人に話すと、何かが変わり、多少なりとも前進するということ。
いいことか悪いことかはわかりませんが。


リタイアすると、勤めていた時に比べて確実に他人と接する機会は減るでしょうけど、その分、意識してそういう機会を持つように心がけたほうが良さそう。


そんなことも感じた数日間でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。