遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

半日しか働かないサボリーマンの生態

それは、わたしです。


出社する。
メールを確認する。
急ぎの用はその場で片付ける。
時間のかかりそうなものはその旨を返信して、翌日以降の予定に書きこむ。
その時にちらりと今日の予定が目に入る。
今日、手を付けないとやばいかどうかしばし考える。
→手を付けないとやばい→その場で片付ける。
→まだ大丈夫→翌日以降の予定に書きこむ。
暇になる。(暇に「した」ともいう)


(※)PCで株価と為替をチェックする。
PCでネット記事を見る。
PCで社内のSNSの猫の記事を読む。
スマホで2chを見る。
スマホでブログ村のセミリタイアカテゴリの新着記事を読む。
※に戻る。


そうこうしているうちに昼休みになる。
コンビニで買った昼ご飯を食べる。(たまに贅沢をして外食もする)
時間が余ると、なぜか仕事を始める(翌日以降に回した作業をやり始める)


昼休みが終わる。
作業が一段落すると、再び※に戻る。


そうこうしているうちに3時過ぎのおやつタイムになる。
おやつを食べながら、突如として仕事への意欲が高まってくる。
翌日以降に回した作業をやり始める。
定時までに終わる→暇があれば※に戻る。なければ定時で帰る。
定時までに終わらない→ムキになって終わるまでやる。
帰宅する。



実質、仕事してるのって半日、いや2~3時間じゃないのかな。
ほかの時間はネット見たりスマホしたり、リタイア後の資金シミュレーションしたりしてる(←このときが一番真剣)。


でも自分としては、このくらいの、仕事してる時間<仕事してない時間、くらいのペースが一番やりやすい。
能率も上がっているように感じる。
たまに会議や複雑な資料の作成があったりして5~6時間働くと、疲れてフラフラになるし、余裕がなくなってトゲトゲしてくるのが自分でもわかる。
…まあ、虚弱だよね。


こんな自分でも働かせてくれる会社に感謝。
金銭解雇が導入されたら、真っ先に標的になる自分が見える。


なお、早期退職についてのあれこれは、ここ数日動きなし。
どうやら夏休み明けに持ち越される模様。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。