遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

早期リタイアとは何か

夏風邪、絶賛続行中です。


お医者さんの夏休み明けの今日、勢い込んで診てもらいに行ってきました。
まあ案の定、混みこみでしたが、備え付けのテレビを見ながらぽーっと待っていると、案外早く名前を呼ばれました。
診てもらうと、風邪と、それからくる気管支炎でしょう、とのこと。
薬を山ほどもらって帰ってきました。


そして食事して薬を飲んで一眠りして、16時頃に起きて、…あれ、あんまよくなってない。
息はやっぱり少し苦しいし、咳は出だすと止まらないし。
明日から会社なんだけど大丈夫なのかな?
まあ、頼まれていることがあるので、よほどひどくなっていない限り、行くつもりではいますが。


早期リタイアとは、「手段」。でもそれだけ?

私は、「早期リタイア」は手段だと思っていました。
「○○のために、早期リタイアする。」
「早期リタイアして、××になる。」
というように、「目的」「こうありたい状態」があってこその「早期リタイア」という手段であると。


私の場合は、例えば、
「自分の思うように時間(人生)を使えない生活から脱出するために、早期リタイアする。」
「早期リタイアして、自分の思うように時間(人生)を使う。」
というようなことになります。


でも、どうなんでしょう。


ブログ村の「セミリタイア(早期リタイア)」カテゴリは、ライフスタイルカテゴリの中にあります。つまり、ライフスタイルでもあるのでしょうか。


早期リタイア後の状態は、基本的に「無職」になりますが、一般的な無職とは異なり、職探しはしていない。
状態としては「ニート」に似ていますが、その言葉の持つマイナス面はありません。


「定年より前に定職を離れて、その後、定職を持たない。」
といった、「状態」を指す言葉はあるのか。
これは、「早期リタイアしている」としかいいようがないのではないか。


やはりこれはライフスタイル、生き方を示す言葉でもあるのではないか。


「早期リタイア」を、似たような言葉と比べてみる。

「早期リタイアとは何か」を考えるために、似たような概念を持つ言葉と比べてみます。


・「リタイア」と「早期リタイア」の違い
定年を迎えたあとか、迎える前かの違い。人は年齢を重ねると心身ともに衰えていく。その衰えのより少ないほうが「早期リタイア」。


・「無職」と「早期リタイア」の違い
「無職」とは、本来あるべき姿を「職を持つ状態」に起き、そこから逸脱した状態を意味する。「早期リタイア」は本来あるべき姿を持たない、またはそれが「職を持たない状態」。


・「セミリタイア」と「早期リタイア」の違い
早期リタイアの場合、定職を離れたのちは基本的に職を持たない。職を持つ場合、労働中心の生活になるなら普通の「職を持つ状態」であり、非労働中心の生活になるなら「セミリタイア」と言えるのではないか。


・「ニート」と「早期リタイア」の違い
「ニート」は「無職」に近い。要するに「あるべき状態」から逸脱した状態を意味する点が、「早期リタイア」と異なる。また基本的に「ニート」は自分以外の誰かの経済的支援によって生活を成立させているが、「早期リタイア」は経済的に自立している。また「ニート」は労働を経験していないことが多いが、「早期リタイア」は何らかの「職を持つ状態」を経験したのちに、そこからリタイアした状態を示す。



こうして見てくると、「セミリタイア」もそうですが、「早期リタイア」は、「職を持つ状態」に対する姿勢が独特であるように思います。
労働中心の生活からの解放といいますか、ある程度の労働生活を経たのちの、もはや労働をしないことを是とする生活スタイルが「早期リタイア」「セミリタイア」であるといえそうです。


労働からの解放ということ。それは何を意味するか?

「働かずに生きていくなんて、そんなこと、本当のお金持ち以外に許されるはずがない」と、私の家族は言いました。
そこには、「働かざるもの食うべからず」という勤勉な日本人らしい考え、働ける人は働いて当然で、働けるのに働かない人は非常識である、といった視点があるように思います。
そしてそれは世間一般における「普通」「常識」でもあるのでしょう。


でも、労働っていうのはそんなに尊いものなんでしょうか?



生きていく上で必要な労働はあります。
家族のため、自分の大事な誰かのために、献身的に行う労働は尊いものです。
でも、もはや(ひとまず)生きていくうえで必要ではない、誰かのために行うのでもない労働だとしたら?
それでもなお、「働かざるもの食うべからず」という言葉に縛られるべきなのでしょうか?


辛くても苦しくても働き続けることが正しいのでしょうか。
私たちは働くために生まれたわけではありません。
働くのは生きるための一つの手段にすぎません。
本当は、「生きて、何をするのか」「与えられた時間(人生)を何のためにどのように使うのか」のほうがよっぽど重要です。


自らを豊かにするための「早期リタイア」という生き方

最初は、(一部の、生まれながらに恵まれた人以外は)生きるために働くことが必要となるでしょう。
でも、経済的な自立を果たし、そのうえで、もはや生きるための労働が必要なくなったら、その時は「人生を何のために使うか」ということを中心に考えてよいのではないでしょうか。
いや、考えるべきなのではないでしょうか。



別に大層なことをする必要はないと思います。
ただ、早期リタイアによって得られた自由な時間、自由な生活の中で、


・自分に与えられた能力を見つめなおしてみること、
・自分が楽しい、嬉しい、心が豊かになる、と感じることは何かをもう一度思い出すこと、
・そういうことをただ純粋に楽しみ、自分の心に感動の栄養を十分に与えること、
・「自分を豊かに遊ばせること」


そういったことは必要になってくると思います。
そうしている中から、また新たなる価値が生まれてくるだろうからです。


「早期リタイア」「セミリタイア」は、そうするための生き方である、といえるのかもしれません。



「一億総活躍時代」と銘打たれた現代にあって、働けるのに働かないという生き方は、世間的には少し、いやかなり肩身の狭いものです。


でも、新自由主義経済、大量消費社会といったもの…「お金をより多く稼いだものが勝ち」「たくさん働いて、物を大量に作り、大量に買って大量に消費することが正しい」という「常識」が、行き詰まりを迎えているようにみえる今、「あえて働かない」という生き方は、新しい突破口を開く鍵になるかもしれないですね。




…ちょっと言い過ぎたでしょうか(笑)
そこまでいかなくても、もっと、「早期リタイア」「セミリタイア」が市民権を得る時代が早く来ると良いな、と思っています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。