遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

リタイアしたら、何したい?~創作について~

8日間の夏休みのうち、「やらなくてはならないこと」が14日までに終わって、さあ残りの3日は好きなようにだらだらするぞー!と思っていたら、


夏風邪をひきました。


のどが痛くて咳と鼻水が出て息苦しく、熱はないのですが頭が重苦しい。
冷房を入れないと暑くて死にそうだけど、入れると冷えて辛い。
近所のお医者さんは夏休み。
市販薬を飲んで寝て過ごすしかありません。


することはないから別にいいのですが、好きなようにグダグダするはずだったのに、強制的に休養を「取らねばならない」というのは、やっぱり悔しいというか切ないものですね。


ちなみに「夏風邪は馬鹿がひく」、と言いますが、夏風邪をひいたからといってイコール馬鹿、というわけではないらしいです。
冬にひいた風邪を夏になって気が付く、それほど鈍感なのが馬鹿というものである、ということのよう。
つまり「私は馬鹿」という証明がされたわけではないのです。
やったー!(←ここらへんが馬鹿っぽい)


私にとっての創作活動

「リタイアしたら何したい?」というテーマで最近、記事を書いてきましたが、今日は3番目、「創作活動」について書いてみます。
マズローの欲求段階説でいえば、「4.自己実現欲求」を満たすための活動になるかと思います。


創作とは何か。
自分の中にあるオリジナルの何かを、形にして外に出すこと。
音楽、小説、絵画、彫刻、創作料理、いろいろありますね。


私にとっては、主に文章を書くことです。
いろんな本を読んだり映画を見たり旅行をしたり、心理学や哲学や歴史や民俗を学んだりして、自分が知った「もの」や「こと」や「世界のありよう」。
それを、今度は文章という形で、自分なりに人に伝わるように表現する、ということになります。


なぜそれをやりたいか。
一つには、書くこと自体がとても楽しく、時間を忘れて没頭できるものだからです。


「書く」ことの楽しみ

書くために考えることによって、また言葉を使って書き出すことによって、発想は広がるし、今まで見えていなかったものが見えてくるし、思考の袋小路からの脱出方法が見つかったり、隠されていた自分の本音が出てきたりします。


それはとても面白い体験で、なんというか、地下水脈を探して掘り当てる感覚です。


あるテーマと、材料があって、それをどう表現するかを考えている時。
思考と知識の中を手探りで潜っていって、深く深く潜った先に、なんというか、とうとうと流れる地下水脈のようなものがあるのです。


普段は表に現れず、意識されることもないけれど、常にそこにあって、掘り当てたものに豊かな恵みを与えてくれるようなもの。
水を飲んで初めて、「あ、こんなにのど乾いてたんだ」と思うことってありますよね。
それに似た感じで、「ああ、これがほしかったんだ」と、与えられて気が付くような感覚。
その感覚が、楽しくてうれしくて。
だから何度でも、掘りに行ってしまうんですね。


一度掘り当てたから、それでいいや、ではないのです。
今度はこうやって掘ってみよう、こっちから掘ってみよう、このテーマからだとどうだろう、この題材ならどうなるかな?と、そのたびそれぞれ違った風景が見え、違った発見があるので、それがまた楽しいのです。
そして最後に地下水脈にたどり着けると、ああやれやれ、また来られた、とほっとする。
こういうのの繰り返しです。


副産物としての創作物

つまり、私にとって創作=書くこと、というのはそれを行うこと自体が目的であり、結果としてできる「創作物」は、極論を言ってしまえば副産物であり、その楽しさを追体験するためのツール、ということになります。
旅の記念に持って帰った地図や、旅先の写真を見て、旅を楽しく思い出すようなものです。


ただ、こうやってできた創作物で、ほかの人にも、何らかの「気持ちの動き」を体験してもらえるかもしれないというのは、面白いこと。
それが「地下水脈への道」だったら最高だけれど、そうでなくても「面白さ」とか「感動」とか、時にはちょっとホンワカする気持ちだったりとかでもいい、そういう何かしらの心の動きを伝えられたら、それはとてもうれしいことです。


1.書くことが楽しい
2.書いたもので楽しめる
3.書いたもので他の人も楽しませられる(かもしれない)


私にとって創作=書くことは、一粒で3度おいしい、とってもお得なものなのです。


役に立つかどうかは…?

まあ、「それ何の役に立つの?」「いい年をした大人が、会社を辞めてまで、することなの?」と言われると、困ってしまうんですけどね。


「私が楽しい」以外の効果はまったく期待していません。
ネットの片隅に、よくある「ブログ」「小説」が追加されるだけのことです。
むしろリソースの無駄であるかもしれません。


ただ、私が楽しいことだけは保証されています。
それだけは確かです。
要するにご隠居さんの道楽であり、お遊びなのです。



けれど、お遊び…それも真剣で無心で一心不乱な遊びの中からこそ、
新たな変化、進化、成長、発展への力は、出てくるものではないでしょうか。


「遊びをせんとや生まれけん」
…そう、たぶん私たちはそうやって遊ぶためにこそ、生まれてきたのですから。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。