遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

いや~参りました。ブリグジットの影響について、正直な感想と今後の方針

参りましたね。

イギリスの国民投票、「EU離脱派勝利」の余波による、株価の下落と円高。

かなり回復してきていますが、まだ100万ほど含み損状態です。


この件と、あとメンタル的にもちょっと調子が悪かったので、しばらく更新ができませんでした。


そして今でもまだ、為替は回復していません。

というか102円でなんか落ち着いています。


何か事が起これば円高になり、そしてその事が落ち着いても、そのままであるという状況が多いように思います。


世界はまだまだリスクをかかえているようですし、アメリカさんもドル安でいきたそうですし、当面、円高傾向は続きそうな感じです。


資産防衛のつもりが逆に資産を減らすことに

インフレで資産が目減りするのを恐れて、外貨資産を増やしたんですが、逆にじりじりと円高に進まれることで、資産が目減りしていっています。



今は全然たいしたことのない減り具合ですが、今後、短期的にも長期的にも、円高傾向が変わらないとすれば、資産は減る一方という話になってしまいます。

それを考えると、落ち込んでしまいますね。


円高に対抗する手段としてはFXによるヘッジがあるみたいですが、これは短期的なもので、長期的には使えないみたいです。



円高に対抗する手段がない。

これが一番いま、きついです。



「そんな円高になったら、日本の企業も大変だろうから、日本政府も何か対策を打つはずだ」

と思っていたのですが、今のところ全く動きは見えず。


少し前は70円台だったことを考えれば、そのくらいまでは進むのかもしれません。


というか、おそらく、日本政府だけではどうにもできないのでしょうね。

アメリカさんが円安を許してくれる状況にないのでしょう。

アメリカの景気がよくなったといっても、まだ利上げは見送られるようですし、逆にアメリカの株価は高くなりすぎていて、いつ暴落しても不思議ではないような状況です。


当面、円安になる見込みはありません。


つまり、私の資産が減る一方という見込みも当面続くわけで…。

さすがに、落ち込まざるを得ません。


ブリグジットによる早期リタイアへの影響

今回のことで身にしみて感じたのは、サラリーマンは、世界経済のこうしたリスク、荒波から、ほぼ完全に守られているんだなあ、ということでした。


会社の業績悪化による処遇の悪化、最悪の場合リストラなどはあるかもしれませんが、その程度です。

為替が10円や20円、円安に進もうが円高に進もうが、株価が暴落しようが、ほとんど気にする必要がないということです。

(事実、バブル崩壊もリーマンショックもその後の円高時代も、私は何一つ気にすることなく生活に大した変化もなく、サラリーマンを続けていましたから)


そして、会社をやめるということは、インフレリスク、世界の経済危機リスク、為替リスク、株価変動リスクなど、資産に関するあらゆるリスクに一人で立ち向かうということで、実はとっても恐ろしいことなのだと。



やっぱり、もう少し務めていたほうがいいんじゃない?


という気持ちが出てきたのも、不思議なことではないと思います。


「でももう少しっていつまでよ?」という話もあるわけで。

資産に関するリスクを受けきれないなら、定年まで、あるいはその先までできる限り、働くしかないわけです。


早期リタイアすることによって得られるもの。

早期リタイアすることによって失われるもの。


今回のブリグジットは、早期リタイアすることによって失われるものの大きさを、教えてくれました。


早期リタイアによって得られるものは、それによって失うもの(数々のリスクへの対抗手段だけでなく、それによってもたらされる心の安定)よりも、大きいのか、どうか?

それをよく考えたうえで、それでも、早期リタイアしたいのか?


その答えは…


YES、です。


まだ今のところは。


今後に向けて

今の自分の資産についてもう一度考え直してみました。

自分は、やっぱり、リスクを取りたくない性質らしいので…


現金 60%

外国株式・ETF 20%

外貨 10%

日本株式・投資信託 10%



当面、これでいこうかと思います。

いまのところまだ外国株式・ETFが10%程度なので、今後、円高が進むごとに(考えたくはないですが)その進行度合いに応じて、買い足していくつもりです。


そして、「あとどのくらい生きるか」についての見込みをもう一度考えてみました。

両親の寿命、そして自分の体質なども考え合わせて…



その結果、やっぱり、平均健康寿命まで生きられればいいなあ、という程度だと思うのです。

だとすれば、今の資産で十分足りる。

たとえ、円高で多少、毀損したとしても。



ということで、早期リタイアに向けたスケジュールに変更はなく、7月中は体調を整えながら、退職に向けた準備(マニュアル整備や書類の整理)を進めつつ、上司に打ち明けるタイミングを見計らっていきたいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。