遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

GWその3 もっともな助言「辞めさせられるまで勤めたほうが」

早期リタイアをしたいと少し前に打ち明けていた友人に、「やっぱり勤められる限り勤めていたほうがいいよ」と言われました。

もっともな意見です。


至極もっともな意見だと思う一方で、違うんだけどな、という感覚が自分の中にあります。


このご時勢、自分の年齢、いろいろな条件を考えれば、勤められる限り勤めたほうが良いに決まっています。
それでも、辞めたいのです。

というか、「辞めるときが来た」という感じがしています。(気のせいかもしれないけれど)


というのも、会社は、私の立場および年齢の社員には、管理職としての役割を期待します。

でも私はそれをやりたくない。というかその役割を果たす能力もたぶんない。一生ヒラでいさせて欲しい。

でも会社としてはそれはイマイチ嬉しくないらしい。

要するにいまの自分は、会社のちょっとしたお荷物状態。

この「お荷物」ということ、自分的にはけっこうキツイのです(別にイジワルはされていません。本当にうちの会社はいい会社だと思います。


もちろん、生活のために、会社の迷惑と自分のプライドにはちょっと目をつぶり、「勤められる限り勤める」覚悟はありました。みっともなくても、背に腹は変えられません。


でも今、「辞めてもこれまでと同じレベルの生活が続けられそうだ」という状況になっています。

であれば、さくっと辞めたほうが、私も会社もハッピーなのでは?

ということなのだけれども・・・


考えが甘いのでしょうか。

書いてみて思ったけれど、けっこう安易ではあるかも。

辞めることが何を意味するのかと、辞めた後のことを、もっとちゃんと良く考え、シミュレーションするべきかもしれません。


幸い、ゴールデンウィークはまだあと少しあります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。