遊びをせんとや生まれけん ~ほぼ天涯孤独の早期リタイア~

働くだけの人生に納得できない社会不適合者が、早期リタイアという手段で明るい明日をめざそうとするブログです。

逃げ切り計算機と、大手銀行の非常識な金利と、革命の必要性について。

いやー久しぶりにフルタイムで働いてしまいました。

(最近いつもフレックスで遅く出て定時で帰るので)

疲れたぁ。

でも、充実していたとも言えるかもしれない。


こう思えるのは、ゴールデンウィークでたっぷり休めたのと、近いうちに早期リタイアをしよう、という気持ちがかなり定まったからかもしれません。


仕事をしながらも、ずっと早期リタイアしたいのか、会社を辞めてしまう覚悟があるのか、自問自答していました。

隙を見ては退職金、企業年金をチェックしたり、早期退職制度を確認したり、逃げ切り計算機を使ってみたり。


ああでも、会社にいた時間の2/3くらいは仕事してました!本当です。

週初めからこんなに飛ばして大丈夫かな、私。←


本日の逃げ切り計算機

現在の年齢ピー

現在の貯蓄額ピー万円

年間利息0.2%

年金支給開始までの年間支出額320万円

年金受給開始後からの年間支出額220万円

年金受給開始年齢65歳

受給年金の月額6万円

年間インフレ率1.5%

受給年金額のインフレ連動「しない」


試算の結果、あなたは、81歳までは生きられそうです


本日もやってみました逃げ切りシミュレーション。


早期退職金と企業年金額が少し間違っていたので訂正し、年間利息はノルマをちょっと上げ、インフレ1.5%、インフレ連動なしという厳しめの設定でやってみました。

前回の計算は85歳でしたので、ちょっと寿命が縮まりました。それでも健康年齢を超えて余裕があるので個人的にはOKです。


せめてバラ色のリタイア生活を夢見て遊ぶ「逃げ切り計算機」


ただし、竹中さんが、長生きするなら年金出ないつもりで金貯めなさい、とか言ってましたし、公的年金はホントあてにできなさそうですね。企業年金は大丈夫だと思っていますが、万が一のときにはそれもないかも。


でも上の逃げ切り計算機で年金を0にしてみても、健康寿命は超えるようです。

それならいっか、と気楽に構えています。


まあ結局、インフレ次第でこんな計算結果、吹っ飛んでしまいますしね(笑)

(ミもフタもない)


もはやお笑いの域に達した大手銀行の定期金利

いろんな銀行の定期金利を調べてみたんですが、いやーひどいですね。

オール0.010%。

ワイド何たら定期とか、スーパー何たら定期とか、ともかく種類はたくさんあるんですけど、

ぜんぶ0.010%。


商品一つでいいじゃん・・・。

そしたらいろいろ経費削減できるよ・・・。


それで同じ画面の隅っこにローン金利が○○%!なんて広告バナーが置いてあるとむっとくるわけです。

タダ同然で私たちからお金を集めておきながら、貸す時の金利はえらいことになってますね^^

さぞかし儲かるんだろうなあ~^^


ということで、私は預貯金のほとんどを大手銀行の普通預金にしていたのですが、これではどうにもならないので・・・高金利のところに移すことにしました。

手間隙はかかりますが、仕方ないです。

これまでサボっていた分、ちょっとまじめにガンバリマス。

よりよきリタイア後の生活のために。


革命が必要だ


仕事しながら、ふっと思いました。

やっぱり今の世の中、このままじゃダメです。

格差が広がりすぎると良くない、とピケティさんが説得力のある言葉で言ってくれたらしいですが(「21世紀の資本論」)、格差が広がって固定されていくってことは、世界がバラバラになっていくってことです。

日本は格差が少ないほうらしいですが、それでも、格差による違和感(何ていったらいいんだろう。人と人がバラバラな感じ)みたいなものは年々、強くなっているように感じます。


「日本死ね」なんて言葉が世間を騒がせたのは、ある種の共感を呼んだからではないかと思います。

「日本死ね」と言い放ってしまうほど荒んだ状況、それが広がっている。


一方で、竹中さんは「トリクルダウンなんてない」と言い切ったり。


そりゃ、あるとは思ってませんでしたよ。人間の欲に限界なんてないのに、「上が満たされたら下に落ちてくる」ったって、上が満たされることなんてあるでしょうか?


でも、「トリクルダウン」を掲げた政府に竹中さんはいたはずです。今になって「そんなものあるわけない」と言うのは、庶民の感情を逆撫でするだけなのでは?


「今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ。」

なんていう言い方も、聞く側の気持ちを考えてないモノ言いだと思います。


「賢人論。」第13回竹中平蔵氏(前編)

(↑資産を持ってる人は年金をもらうのを遠慮して、困窮した人にたくさんあげたほうが良いとか、言ってる内容は賛同できることがたくさんあるのですが・・・)


格差の上のほうにいる人と、下のほうにいる人で、気持ちも言葉もすれ違いが大きくなっていく。

すごく危険な感じがします。


なんか・・・もう、そろそろ、革命おこりそう。

というか、革命が必要とされている気がする。

そうだ、革命しよう。

どうやってかは、分かりませんが←


暴力的なものじゃなくて、あくまでも平和的に。

そういうのが、必要とされている気がします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。